読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MISSION 2『福祉とか障がいとかのイメージ』

壊したいバリア その2

 

『福祉とか障がいとかのイメージ』

 

この世界に入ってから割りとすぐ感じたけど、基本的に色々とダサくてカッコ悪かった。

 

全部が全部って訳でもないけど、ほとんどがそそられない。

 

何となくだけど「あったかい」とか「ほんわか」みたいな。

 

別に弱い生き物じゃないし、みんなが特別純真って訳でもない。

 

ましてや、いわゆる「健常者」を感動させる為に生まれてきた訳でもない。

 

なのに何となくそんなイメージが先行している。

 

もっとこう尖って、ツッパって、カッコよくて、ルーディーで、それでいて楽しくて温かみもあるような感じにしたかった。

 

大好きなREGGAEで言うところの『Out and Bad』って感じ。

 

会社を立ち上げる時もそんなふうにイメージしてたから制服やらHPやら拘った。

 

イベントとかもそう。

 

救いようが無いほど終わってしまっている福祉イベント。

 

啓発目的と言いながら、当事者や家族しか参加しないような内輪のイベント。

 

「予算がない」

 

違うでしょ。

 

無いのは「ヤル気」と「知恵」

 

もういい加減、関係者だけで世界を構成するのは辞めにしなければいけない。

 

そんなんだから外部からは見えなくなっていく。

 

制度や法律、イメージから創られた壁 a.k.a フクシバリア。

 

それ壊して交わろうとしないと本当のバリアフリーとかノーマライゼーションとかインクルージョンとは言えない。

 

安全が確立されてはいないかもしれない。専門的な勉強をした人は居ないかもしれない。

 

そんな中でぶつかりながらも生きていくのが共生社会。